ホーム > ニュースリリース > プレスリリース 2016年10月26日
プレスリリース

Microsoft Surface Pro 4に新対応
USBキー型シンクライアント デバイス
「Resalio Lynx 300、500」新バージョン3.3発表


2016年10月26日
アセンテック株式会社



 本日、アセンテック株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:佐藤 直浩、以下アセンテック)は、最小、最軽量サイズのUSBキー型シンクライアント デバイスの新製品「Resalio Lynx 300、500」の新バージョン3.3を発表します。「Resalio Lynx 300、500」はアセンテックの独自開発製品であり、高いセキュリティ性と管理性の高さを誇り、手軽にシンクライアント環境を実現します。

 このResalio Lynxの新バージョンでは、マイクロソフトの先進デバイスであるMicrosoft Surface Pro 4に新対応しました。これにより、国内でも幅広い支持の広がる高度なWindows端末を、シンクライアント化して利用することが可能となりました。
 またいくつかの動作の改善や、新機能など、バージョンアップに伴う改良を実施しています。
Resalio Lynx

「Resalio Lynx 300、500」について

「Resalio Lynx 300、500」は、既存のWindows端末にUSBキーを接続することにより、手軽にシンクライアント端末化を実現します。Resalio Lynx 500はこの上位機種であり、強力な管理機能が追加されており、デバイス1本1本に至るまで、高度な管理が可能となります。

Resalio Lynx 300

Resalio Lynx 300は、前身製品となるResalio Lynx Smartを継承。さらにセキュリティを重視し基本機能を充実させ、昨年発表された革新的な製品です。希望小売価格は13,200円*(税抜)となっています。

Resalio Lynx 500

Resalio Lynx 500は、Resalio Lynxの上位機種であり、Resalio Lynx 300の基本機能に加え、認証サーバ、ゲートウェイサーバ、管理者メニューを追加したものです。これにより、さらにセキュリティレベルおよび管理機能が向上します。例えば、エンドユーザがデバイス紛失した際、あるいは、エンドユーザの利用を止めたい際に、そのデバイスを無効化することが可能となります。Resalio Lynx 500 には、認証サーバ、ゲートウェイサーバ、管理者メニューなどに対応するためのサーバソフトウェアが添付されます。希望小売価格は16,500円※(税抜)となっています。
※初年度ソフトウェアメンテナンス費用込み

Resalio Lynx 300/500 バージョン3.3の新機能

  • Microsoft Surface Pro 4に新対応
  • 設定消去の動作を改善(設定ツールに「全消去」「ユーザ設定消去」ボタンを導入)
  • そのほか、いくつかの不具合を修正

アセンテック株式会社について

ascentechロゴ
アセンテック株式会社は、世界のVDI市場をリードするCitrix社および、米国を始め各国で高いシェアを誇るDell Wyse製品の1次代理店です。また、デル株式会社のプレミアパートナーとして、包括的に製品を取り扱っています。これらと同時に、USBキー1本で簡単シンクライアント化を実現するアセンテック自社開発ソリューション「Resalio Lynx」、VDI環境における印刷課題を解決する「ThinPrint」などを取り扱い、仮想化インフラの設計、構築も含め、「VDIトータルソリューション」カンパニーとしてお客様に付加価値の高いソリューションを提供しています。また、ストレージ領域においても、グローバルで高い支持を集める“アダプティブ・フラッシュストレージソリューション”Nimble Storageや、Microsoftの『クラウド統合ストレージ』ソリューションStorSimpleを提供し、拡大し続けるストレージ市場にも柔軟に対応しています。



<お問合わせ先>
アセンテック株式会社
TEL:03-5298-1552
お問合わせフォーム


※本件に掲載する社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

ニュースリリース