Citrix XenServer

サーバ仮想化ソリューションの基盤ミドルウェア「Citrix XenServer」

Citrix XenServerとは、容易かつコスト効果高くサーバを仮想化するミドルウェアです。オープンソースの仮想化技術として広くサポートされるXenハイパーバイザーをエンジンとして、x86サーバ環境に対してWindowsまたはLinuxの仮想マシン環境を構築し、すべての仮想化リソースを一元的に管理・運用可能にします。
XenServer:あらゆるx86サーバを仮想化
XenServer概要
Xenハイパーバイザー
Xenハイパーバイザー:オープンスタンダードの仮想化エンジン
  • システムに負担をかけない軽量、高効率な動作
  • 準仮想化とハードウェア仮想化支援技術を利用し、高パフォーマンスを提供
  • 各OS標準デバイスドライバをそのまま利用
  • 64-bitの拡張性と安定性


Citrix XenServerの特長

既存のリソースを無駄にすることなく、仮想化環境に移行可能

元々あったWindows環境を仮想化して新しいサーバに集約、使用することで、仮想化に掛かるコストを大幅に削減することが可能です。

サーバリソースの有効活用で、TCO削減と省エネに貢献

CPU使用率の低いWindowsサーバを仮想化して集約することにより、管理・運用コストを削減することができます。さらに、物理サーバの削減により、BC/DR(事業継続・災害対策)の面でもリスクを減らし、使用電力や設置スペースが減ることにより、地球環境にも配慮したECOフレンドリなシステム環境を実現します。

仮想サーバ、物理サーバを問わず運用可能

プロビジョニング機能を仮想サーバと物理サーバの両方に利用することにより、実質全てのサーバ環境を一括管理できます。しかも、サーバ構成はブートにより瞬時に切り替わります。付属しているWindows GUIの管理コンソールを使用し、容易なコントロールが可能です。

Citrix無料お見積もり、ご相談フォーム
製品に関するお問合わせはこちら


製品&ソリューション