ホーム > 会社情報 > 環境方針

環境方針

私たちは、お客様、株主様、お取引先様、従業員等のすべてのステークホルダーと共に、働くすべての人が安全で快適なITインフラを利用できる社会を実現するため、企業活動を通して、自然環境を守り、温室効果ガス削減を通して、気候変動などの地球環境問題の解決に積極的な役割を果たしてまいります。
テレワークを中心とした働き方改革の実現
with/afterコロナの働き方として、テレワーク、在宅勤務が推奨されています。また、諸外国に比べ首都圏一極集中による過酷な通勤事情もあり、ストレスを低減する新しい働き方も求められております。
こうした中、テレワーク、在宅勤務の拡大により、通勤や移動にかかるエネルギー消費量の削減も期待できます。当社が提供する仮想デスクトップ技術は、テレワークを実現するうえで高いセキュリティと利便性を有したキーテクノロジーで多くの企業で採用されつつあります。この仮想デスクトップ技術を全社員が活用すると同時に、さらに多くのお客様に利用いただくことで、温室効果ガス削減に貢献してまいります。
産業廃棄物の削減に向けた取組み
ITシステムの重要な要素として、PC、スマホ、タブレット等エンドポイントシステムがあります。その中で、PCは短期間で新型のOSが開発されることで、3−5年と短期間で陳腐化し、廃棄され、非常に多くの産業廃棄物を生んでおります。一方、企業ユーザーは、アプリケーションを実行することが目的であり、新OSや大きなハードウェアリソースを求めていません。
当社は、既存のPCや旧型のPCを再利用し、シンクライアント端末として再生させる、ソフトウェア型のシンクライアントOS「Resalio Lynx(レサリオリンクス)」を開発提供しております。これにより、PCのライフサイクルを1.5〜2倍に伸ばすことが可能となり、産業廃棄物を大幅に削減し、地球環境問題の解決に貢献します。当社は、このOSの開発を継続発展させてまいります。

これらを具体化するため、関連部門毎に環境目標を設定し、進捗評価、達成度評価を行います。顧客要求、関連法規制等、当社が守るべき要求事項を順守し、環境保護に取り組みます。また環境マネジメントシステムを継続的に改善し、成果を向上させて参ります。

以上の取り組みを通じ、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。
2022年3月15日
アセンテック株式会社
代表取締役社長 佐藤 直浩

会社概要