特長

鍵の中央集中管理

単一の中央集中型の鍵管理コンソールを通じて、種類の異なる暗号化ソリューションの暗号鍵および鍵のライフサイクルを管理します。
鍵管理が統合されるため、管理者は テープおよびディスクベースのストレージ プラットフォーム、SAN スイッチ、データベース、アプリケーションなどのすべての暗号鍵アクティビティを モニタリングすることができます。

KMIP 準拠

ベンダーが異なる 暗号化モジュールとストレージ デバイスを 一元的な中央集中型の鍵のライフサイクル管理システム内で管理することができます。

強化された、自己完結型で、耐タンパー性の鍵管理アプライアンス

サーバをセットアップしたり、ソフトウェアをインストールして保守したりする必要がないので、運用コストが減少し、セキュリティおよび IT の担当者は時間を他の作業に振り向けることができます。使用環境の拡張と進化に伴って、KeySecure アプライアンスを必要に応じて簡単に追加できます。鍵はクラスタのノード間で自動的に複製されます。

盗難、 改ざん、および予想外のシステム障害に対する鍵の保護

KeySecure では、 鍵の署名、ロールベースの管理、定足数コントロール、エンタープライズ全体の暗号鍵のバックアップと配布など、 すべての鍵管理アクティビティが一元化されます。 機密のセキュリティ 操作を行うために、KeySecure では複数の管理者による複数の信用証明書認証を 条件として要求することができます。

復元性と可用性

KeySecure クラスタリングを使用すると、複数の KeySecure アプライアンスで コンフィグレーション設定をアクティブ/アクティブ モードで共有できます。コンフィグレーションの変更は、 同じクラスタ内のすべてのメンバーに直ちに複製されます。

クラウド対応

KeySecure と関連データにアクセスできるのは、 許可された管理者およびユーザのみです。KeySecure は、複数のクラウド ゾーンおよび クラウド プロバイダにまたがる大規模な実装に対応する高いスケーラビリティを備えています。クラウド管理者は、データにアクセスしたり、 データのセキュリティを危険にさらしたりすることなく、サーバの管理と保守を行うことができます。
製品に関するお問合わせはこちら

製品&ソリューション