Dell Wyseシンクライアント

特長

特長.1 専用OSによる高いセキュリティ

Dell Wyseシンクライアントに搭載されている「Dell Wyse ThinOS」は、画面転送型/仮想デスクトップ型ソリューションに最適化されたDell独自開発のシンクライアント専用OSです。
独自OSのためウィルス・マルウェアによる攻撃や、機密データの盗難からユーザーを保護することが可能。市販されているデスクトップPCやその他のシンクライアントデバイスでは満たすことのできない高水準のセキュリティを提供します。
WTOSによるセキュリティ

特長.2 箱を開けてすぐ利用可能

Dell Wyse ThinOSの最大の特徴である「ゼロコンフィグレーション」。FTPサーバによる端末一元管理が可能なため、Dell Wyseシンクライアントは一切のカスタマイズ設定が不要。工場出荷時状態でも即利用開始可能で、端末の配置や設定、管理にかかるコストを大幅に削減することができます。
箱を開けてすぐ利用可能

特長.3 OS起動までわずか20秒の高速起動

従来のPCだと電源スイッチを押してから実際操作可能になるまで、約1〜2分待たなくてはなりませんが、Dell WyseシンクライアントはOS起動まで約20秒、VDI接続まで約30秒という高速起動を実現。作業効率の向上が見込めます。
Wyseシンクライアントと他社端末との起動速度比較

特長.4 圧倒的な低消費電力

Dell WyseシンクライアントはPCや他社シンクライアントと比較しても消費電力が低く、寿命も長いことが証明されています。(3010TC:平均7.2W)Dell Wyseシンクライアントの導入により、事業活動全体から排出されるCO2の量は大幅に軽減され、ユーザーはDell Wyseシンクライアントの使用を通じて、地球に“優しいコンピューティング活動(Earth SmartComputing)”を推進する事ができます。
通常PC環境1000台とシンクライアント1000台+サーバーとの消費電力比較
製品に関するお問合わせはこちら


製品&ソリューション