シンクライアント

Dell Wyseシンクライアント
Atrustシンクライアント
Resalio Lynx

シンクライアントとは

シンクライアントとは、仮想デスクトップ環境下での利用に特化したエンドポイント端末です。
Thin(薄い)Clientの名前の通り、仮想デスクトップ環境を利用するための最小限の機能しかもたないシンプルな設計で、PCと比較してセキュリティ面や管理面で優れています。
シンクライアントとPCの違い

シンクライアントのメリットとデメリット

メリット

セキュリティ
  • セキュリティ
    データを保存出来ない仕組みをもち、個人によるアプリケーションインストールもできないため一律のセキュリティを確保できます。
    シンクラアイント端末ではデータを一切持たないため、端末紛失時の情報漏洩対策やデータの持ち出しを抑制できます。
  • 耐久性
    最も壊れやすい稼働パーツが少ないため、故障する確率も低く耐久性に優れます。
  • 管理性
    サーバ側でOS、アプリケーションの一元管理ができ、現地での設定作業が減少します。
    シンクライアント端末が故障しても端末を交換することで業務開始が可能です。

デメリット

セキュリティ
  • 初期導入コスト
    シンクライアント端末はデータの保存、アプリケーションのインストールも個人で出来ないためデスクトップ仮想化ソリューションとの組み合わせで利用する必要があります。
    そのためシステム全体での初期導入コストがPC環境よりも高くなるケースが多いです。
  • ネットワーク環境必須
    サーバ側の画面を操作する仕組みのため、基本的にオフライン環境では利用できません。

シンクライアント環境の種類

画面転送型

サーバ側で実行されたデスクトップ画面をネットワーク経由でシンクライアント端末で表示する方式です。
画面転送型にも、仮想PC型/サーバベース型/ブレードPC型と多様な方式があり、ユーザニーズに合わせて選択できます。

ネットブート型

ネットワーク上のOSイメージをダウンロードし、クライアント端末で起動して利用する方式です。
PCと変わらない操作感で利用できますが、転送データが大きいため、広いネットワーク帯域と高い端末スペックが求められます。

シンクライアント端末の種類

デスクトップ型 ノート型 USB型
デスクトップ型 ノート型 USB型
コンセプト 小型化、ファンレス、ディスクレスで省スペースかつ高信頼性 ノートPCベースシンクライアント 既存PCをUSBでシンクライアント化
対応方式 ・サーバベース型
・仮想PC型
・ブレードPC型
・ネットブート型
・サーバベース型
・仮想PC型
・ブレードPC型
・サーバベース型
・仮想PC型
OS ・独自OS(Wyse ThinOS / Atrust OS など)
・Windows Embedded
・Linux
・独自OS(Wyse ThinOS / Atrust OS など)
・Windows Embedded
・Linux
・Linux
端末管理 集中管理サーバー方式が主流 スタンドアローン方式が主流 集中管理サーバー方式が主流
利用シーン ・オフィス利用 ・モバイル利用
・在宅勤務
・モバイル利用
・在宅勤務
対象製品 Dell Wyse
Atrust
Dell Wyse ノート型
Atrust ノート型
Resalio Lynx

シンクライアント製品ラインナップ

Dell Wyseシンクライアント
Dell Wyseシンクライアントは、超コンパクト設計、起動時間約3秒、省電力、さらにTCXによる拡張性、常に進化をつづけるシンクライアント端末です。


Atrustシンクライアント
Atrustは、Citrix、Microsoft、およびVMwareとのパートナーシップにより、スモールビジネスからエンタープライズビジネスを展開する顧客に対し、高い互換性を持ったトータルソリューションを提供しています。


Resalio Lynx
USBシンクライアント「Resalio Lynx」は、「秘匿領域」を持ったUSBデバイスを使用。他のUSBメモリ型シンクライアント製品と比較して、高いセキュリティ性を実現しています。

製品&ソリューション