McAfee MOVE Anti-Virus

仮想環境向けに最適化されたウイルス対策 McAfee MOVE Anti-Virus

仮想デスクトップ環境のウイルス対策における問題

仮想マシンの集積度向上に伴うセキュリティ設計の複雑化

Hypervisorを経由したマルウェアの拡散

多様なOSとパッチバージョンとの組み合わせの混在

無秩序な仮想マシンの複製

仮想環境向けに最適化されたウイルス対策 McAfee MOVE Anti-Virus

McAfee Management for Optimized Virtual Environments(MOVE) Anti-Virusは、パフォーマンスやセキュリティを低下させることなく、ウイルス対策を仮想デスクトップとサーバー向けに最適化することで、高い運用回収率と効率的なセキュリティ管理を実現します。

特長

仮想インフラストラクチャセキュリティの運用効率を向上

ウイルススキャニングによる運用パフォーマンスの低下を防ぎます。McAfee Management for Optimized Virtual Environments(MOVE) Anti-Virusでは、仮想サーバーに対するハイパーバイザの全体的な負荷に基づき、スキャニング機能のスケジュールを設定できます。また、仮想デスクトップインフラストラクチャ(virtual desktop infrastructure: VDI)環境でのスキャニング処理の手間をなくします。

仮想デスクトップ環境でのウイルススキャニングリソースを削減

従来のウイルス対策処理のサポートに必要な各仮想マシンのリソースを削減し、より重要な作業に利用できるようにします。

機能

容易なエンドポイントセキュリティ管理

McAfee ePolicy Orchestrator(ePO)プラットフォームの使用により、あらゆる種類の物理的および仮想エンドポイントとサーバー環境のポリシー管理やレポート処理を行うことができます。

McAfee Global Threat Intelligenceと.DATの更新

グローバル脅威インテリジェンスであるMcAfee Global Threat Intelligenceを使用しているMOVEサーバーから更新を入手することで、エンドポイントを手動で更新する必要性がなくなります。

仕様

マルチプラットフォーム エージェントレス
パイパーバイザ/ プラットフォームのサポート VMware、Citrix、Hyper-V VMwareのみ
スキャンサーバーのプラットフォーム Windows 2008、Windows 2012 R2 Linux Ubuntu 12.4
拡張性 1台のオフロードスキャンサーバーで複数のハイパーバイザーの複数のVMを保護 ESXホスト1台に付きセキュリティ仮想アプライアンス1台
VMとの通信 ネットワーク経由 ハイパーバイザ経由



製品に関するお問合わせはこちら

製品&ソリューション