DaaSとは?〜いま注目のDaaS。そのメリットと選別方法〜

DaaSとは?〜いま注目のDaaS。そのメリットと選別方法〜
働き方改革の推進や、国際的なスポーツイベントの開催による交通網の混雑を見越して、テレワークの導入が推奨されています。
加えて、昨今の新型コロナウイルス感染症の対策として、厚生労働省がテレワーク導入の助成金を新たに設けるなど、社会的な注目度は急速に高まっています。
このテレワークを安心・安全に、かつ便利に行うための方法として注目される方法のひとつが、クラウドサービスを利用した仮想デスクトップを実現するDaaSです。

DaaSとは、“Desktop as a Service”の頭文字を取った略語で「ダース」と読みます。

普通ならば個人のPCにデスクトップは存在し、データは個人のPC内に保存されていますが、DaaSにおいては個人のデスクトップがクラウド上に構築され、ネットワークを通じてそのデスクトップを呼び出して利用することになります。
ここでは、DaaSとはどういう仕組みなのかを説明し、その必要性、メリットについて詳しく述べていきます。

1. DaaSとは?

仮想デスクトップにはさまざまな形のものがありますが、DaaSはクラウドサービスの一種で、特定のソフトウェアを端末にインストールすることなく、ネットワークを通じて利用できるという特徴があります。
クラウド上にあるデスクトップ環境を呼び出して利用できるため、個人のPCはディスプレイとキーボードなど必要最低限の機能があれば良いので、テレワークをするために高いスペックのPCを用意する必要はありません。
クラウドがどこにあるかで大きく3つの形がある
DaaSには、クラウド環境を構築する場所によって、プライベートクラウドDaaS、バーチャルクラウドDaaS、パブリッククラウドDaaSの3つの形があります。
プライベートクラウドDaaS
プライベートクラウドDaaSとは、企業が独自に構築したクラウド環境からDaaSを提供するもので、オンプレミス(on-premises)で構築する仮想デスクトップとも言えます。
オンプレミスとは、自社設備の中で情報システムを持ち、自社内で運用することを指しますが、クラウドプロバイダーがサーバ本体の設置場所を提供し、他の企業とは完全に独立した環境の下でクラウドを活用する場合もプライベートクラウドDaaSに相当します。
クラウド環境が独立しているためセキュリティ性が高く、安定した運用を実現することも可能で、その企業にとって理想的な専用の環境が構築できます。OSやソフトなどは企業が自由にカスタマイズでき、管理を行うことになります。
さまざまな事業者がVDI(仮想デスクトップ)構築サービスでプライベートクラウドDaaSを提供しています。
アセンテックのサービスにおいては、VDIコンサルティングサービスやVDI構築サービスといった、お客様とのアセスメントからプロジェクト準備を進め、セグメンテーションやリスク評価を経てデスクトップの提供方式を決めるような、よりきめ細やかなサービスによって提供されます。
バーチャルクラウドDaaS
バーチャルクラウドDaaSとは、サービス事業者が提供するIaaS(Infrastructure as a Service)やPaaS(Platform as a Service)上で構築した仮想デスクトップ環境を利用するもので、完全に独立はしていませんが、他の会社が同じ環境を利用することはありません。
プライベートクラウドDaaSと同等のセキュリティ性の高さがあり、カスタマイズもしやすいサービスです。
代表的なサービスは、Amazon Web Service(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud PlatformなどのPaaS/IaaS(※)を利用した自社専用仮想デスクトップです。

(※)
PaaS=Platform as a Service、プラットフォーム一式を提供するサービス。
IaaS=Infrastructure as a Service、ネットワークのインフラを提供するサービス。
パブリッククラウドDaaS
パブリッククラウドDaaSとは、パブリッククラウドに構築されたDaaSで、不特定多数の企業が同じオープンな環境を利用します。
利用する企業は、事業者が提供するパッケージ化されたリソースを複数の企業で共有して利用するため、カスタマイズ性は低く、上記の2つと比較した場合のセキュリティ性は高いとは言えません。
しかし導入にかかる費用は低額で、自社でサーバなどを管理する必要もなく、OSのアップデートやメンテナンスに工数が不要といったメリットがあり、代表的なサービスには、Amazon WorkSpaces、Microsoft Windows Virtual Desktop(WVD)などがあります。
アセンテックのサービスでは、Resalio DaaS SSが該当し、テレワーク環境が「誰でも」「今すぐ」「簡単に」、かつ専門知識がなくてもイントラネットをクラウド上に構築できるものです。

Resalio DaaS
Resalio DaaS SS

2. DaaS選定するに当たって

上述のように、DaaSにはいくつかの実装方式がありますが、用途によってどれを選べば良いのかを説明します。
セキュリティを重視する場合
基本的には、どの形であっても仮想デスクトップを導入する以前よりはセキュリティは向上すると言って良いでしょう。
オフィス内だけではなく、ノートPCやタブレットを自宅など会社の外に持ち出して仕事をすることが増えると、端末の紛失などによる情報漏えいのリスクは高まります。
DaaSで仮想デスクトップを導入すれば、基本的にノートPCはシンクライアント(Thin Client)となり、端末の機能は最小限で済みます。データを保存するためのディスクを利用することはなく、サーバ側でアプリケーションは実行されデータは保存されます。
一方でDaaSの中では、パブリッククラウドDaaSは同じ環境を不特定多数の企業が利用するため、比較的リスクは高く、自社だけが専用のサーバを利用するプライベートクラウドDaaSの方がリスクは低くなります。
しかしパブリッククラウドDaaSにおいても、サービスを提供するベンダーはセキュリティ対策をしっかりと行っているため、シンクライアントではない端末を持ち出すよりははるかに情報漏えいのリスクは少ないと言えるでしょう。
コスト・カスタマイズ性を重視する場合
DaaSはどの形を選択しても、まったくのオンプレミスでネットワークを構築する場合に比べると、初期費用とランニングコストは抑えられます。
3つの形の中で単純にコストを比較すると、パブリッククラウドDaaSが最も安価で、バーチャルクラウドDaaS、プライベートクラウドDaaSの順に高くなります。
一方で、カスタマイズ性を重視する場合は、プライベートクラウドDaaSが最も自由にカスタマイズができることに対し、パブリッククラウドDaaSのカスタマイズ性は比較的低くなります。
運用負担も考慮する必要あり
自社内でサーバやネットワークの運用を行う場合は、社内に専門知識を持った人材が必要となり、構築までにある程度の期間も必要です。
導入までの期間や初期投資を想定したうえで、専任者を置いて自社に適した運用やカスタマイズを行うのであれば、プライベートクラウドDaaSで充実した環境を整えるのが良いでしょう。
反面、専門知識を持った担当者を置けない状況であれば、比較的簡単に導入と運用が可能なパブリッククラウドDaaS導入が向いています。
プライベートクラウドDaaS バーチャルクラウドDaaS パブリッククラウドDaaS
コスト
運用
セキュリティ
カスタム性 ×
構築期間
対応サービス VDIコンサルティングサービス Amazon Web Service(AWS)
Microsoft Azure
Google Cloud Platform
Resalio DaaS SS
Amazon WorkSpaces
Microsoft Windows Virtual Desktop(WVD)

3. DaaS選定のポイント

DaaSには3つの形があり、それぞれのメリットも違いますが、費用や人員をまず考慮したうえで、信頼できる事業者に相談することをお勧めします。
仮想デスクトップ導入が必須の時代
今後、働き方改革がさらに進み、テレワークが当たり前になる時代がやってくるでしょう。大きな課題となるセキュリティリスクを回避する必要性が高まり、DaaSによる仮想デスクトップ導入は不可欠となってくるのではないでしょうか。
2020年3月3日に厚生労働省は、新型コロナウイルスよる感染症の拡大を受け、テレワークを推進する施策として、新たに導入する中小企業に対し、100万円を上限として導入費用の半額を助成すると発表しました。
決して望ましい状況ではないとはいえ、事業継続性の観点からも、DaaSによる仮想デスクトップ導入は、今こそ考えるべき時期にきていると言えると思います。特にパブリッククラウドDaaSは構築期間も短くて済み、テレワークの早期実現に最適なシステムです。
アセンテックのResalio DaaS SSはWeb申し込みから約半日で構築できるパブリッククラウドDaaSです。
2週間無料でトライアルできるので、是非お試しください。
Resalio DaaS SS

また、アセンテックでは「テレワークシステム相談窓口」を開設しました。当社の豊富なVDI構築経験を元に、テレワークシステム導入に向けた具体的なアドバイスの提供や、実際のシステム環境構築をご支援いたします。

テレワークシステム相談窓口
受付時間:毎週火曜、木曜 13:30-18:00(祝日 年末年始を除く)
テレワークシステム相談窓口(Webフォーム)

関連リンク

製品&ソリューション