Resalio Lynx

Resalio Lynx 300/500 デバイス仕様

ベースOS Ubuntu 16.04 LTS
OSサイズ 約750MB
Firewall VDIクライアント、ブラウザでアクセスできる環境を制御できます。
(前述以外の通信は全てブロックしています)
USBメモリ容量 4GB MLC Flash (秘匿領域 400MB)
USBポート対応 USB1.1 / USB2.0 / USB3.0(USB2.0推奨)※1
有線LAN 10Base-T / 100Base-TX / 1000Base-T
無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac ※2
VDI環境 Citrix Virtual Apps & Desktop、Microsoft Remote Desktop、VMware Horizon
VPN※3 Cisco、Pulse Secure、Yamaha、OpenVPN
お客様指定のVPNソフトウェア(有償カスタマイズ対応、Cisco、F5、その他で実績あり)
Webブラウザ Firefox 52.9.0
その他 画面ロック機能、お客様指定の端末対応(※有償カスタマイズ)、USBデバイスは消耗品となります。※4
※1 USB1.1の場合、起動時のOS読み込みに時間がかかります。
※2 無線LAN動作確認済み端末情報につきましては、別途問い合わせ下さい。
※3 Resalio Lynx 300のみ対応(Resalio Lynx 500は独自VPN)
※4 USBデバイスのハードウェア保障は初期不良機器交換(弊社より出荷後半年間)が付属されております。

Resalio Lynx 500 認証サーバ動作環境

OS Ubuntu 16.04 LTS
Ubuntu 以外のOS(Redhat、CentOS等)は、サポート対象外
CPU 2.26GHz 以上、4コア以上
メモリ 2GB 以上
HDD 5GB以上(OS領域含む、ログの保存期間に応じて増加)
ネットワーク 1Gbps 以上

利用端末 推奨スペック

CPU x86 1GHz以上
メモリ 2GB以上
その他 BIOSでUSB-CDROMドライブをサポートしていること※1
※1 未サポートの場合、Lynx補助起動ブートディスクを併用する事によりLynxを高確率で起動させる事が可能となります。
製品に関するお問合わせはこちら

製品&ソリューション