Resalio Lynx

Resalio Lynx 300/500 仕様

Resalio Lynx 300 Resalio Lynx 500
ベースOS Ubuntu Ubuntu 16.04
ファイアーウォール あり。VDIクライアント、ブラウザでアクセスできる環境を制御 あり。VDIクライアント、ブラウザでアクセスできる環境を制御
(前述以外の通信は全てブロックしています)
有線LAN 10Base-T / 100Base-TX / 1000Base-T
無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
モバイルネットワーク 対応 ※1
対応VDI Citrix Virtual Apps & Desktop、VMware Horizon、Microsoft Remote Desktop Citrix Virtual Apps & Desktop、Microsoft Remote Desktop、VMware Horizon
Webブラウザ Chromiumベース Firefox 52.9.0
対応VPN Cisco AnyConnect、Fortinet FortiGate、F5 Edge、Ivanti Secure、OpenConnect 独自VPN
外部モニター 対応
設定、管理 Windowsで利用する専用の設定ツール
バージョンアップデート Windowsで利用する専用のアップデートツール
利用端末推奨スペック CPU :x86_64 1GHz以上
メモリ :3GB以上(ブラウザ利用時は8GB以上)
その他 :USB-CDROMドライブによる起動をサポートしていること
USBポート:USB1.1 / USB2.0 / USB3.0
タイプA 1つ以上(USB2.0以上推奨)
※1 Ubuntuで利用できないモバイルネットワーク用のチップがあります。「対応PC」をご参照ください。
※今後のバージョンアップにより、変更される場合があります。

Resalio Lynx 500 認証サーバ動作環境

OS Ubuntu 16.04
CPU 2.26GHz 以上、4コア以上
メモリ 2GB 以上
HDD 5GB以上(OS領域含む、ログの保存期間に応じて増加)
ネットワーク 1Gbps 以上
※1 未サポートの場合、Lynx補助起動ブートディスクを併用する事によりLynxを高確率で起動させる事が可能となります。
製品に関するお問合わせはこちら

製品&ソリューション