テレワークで働き方改革!

働き方改革とは?

適切な労働時間と休暇取得による社員の生産性向上と、子育てをしやすい環境をつくることによる少子高齢化対策のひとつとして、日本政府が主導して進めている改革です。
働き方改革の目的

働き方を変える「テレワーク」

働き方改革を進めるにあたり注目されているのが「テレワーク(Telework) 」です。
テレワークとは、勤労形態の一種で、情報通信機器等を活用し時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働くことができる形態をいいます。 また、テレワークで働く人をテレワーカーと呼びます。
テレワークの種類は、「モバイル型」と「在宅勤務」に分けられます。
テレワーク

テレワークの種類とメリット

サテライトオフィス

サテライトオフィス
サテライトオフィスとは、本社や支社ではなくその中間に位置し、業務を行える環境にある拠点のことです。
事業者のメリット
  • 交通費の削減
  • オフィスコストの削減
  • 人材確保
  • BCP対策
従業員のメリット
  • 通勤時間の短縮
  • 通勤に関する負担が少ない
  • ゆったりした環境
  • UJIターンができる

モバイルワーク

モバイルワーク
モバイルワークとは、情報端末(ノートPC、スマートフォン、スマートタブレットなど)を持ち歩き、データ通信サービスや無線WiFiサービスなどを 活用することで、交通機関、店舗、公共施設、宿泊施設、など様々な場所や移動をしながら場所を選ばず仕事をすることを言います。
事業者のメリット
  • 交通費の削減
  • オフィスコストの削減
従業員のメリット
  • 営業先で社内環境にある営業資料が使える
  • オフィスに戻らずともメールチェックができる
  • 時間の有効利用

在宅勤務

在宅勤務
在宅勤務とは、会社のオフィスではなく自宅で働く事を意味します。近年様々なメリットから導入する企業が増えています。
事業者のメリット
  • 仕事の生産性・効率性の向上
  • オフィスコストの削減
  • 優秀な人材の確保
  • BCP対策
従業員のメリット
  • 子育て、介護をしながら就労
  • 仕事の生産性・効率性の向上
  • 通勤に関する負担が少ない
  • 家族との団欒が増える

テレワークを実現するしくみ

テレワークを実現する一つの方法として、仮想デスクトップ(VDI)があります。 仮想デスクトップとは、デスクトップ環境をサーバー側に集約し、ネットワークを介してデスクトップの画面イメージを配信、シンクライアント端末やPC、タブレットなどによりユーザが利用する仕組みです。 業務データはサーバー側に保存されるため、高いセキュリティ性があり、運用管理負担の低減といったメリットがあります。
テレワーク

7月23日から27日は「テレワーク・デイズ」

昨年、2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、テレワークの全国一斉実施を呼びかけた結果、約950団体・6.3万人が参加し、国民運動として大きな一歩を踏み出しました。
本年は、7月23日(月)-7月27日(金)の間において、各企業・団体の状況に応じて、7月24日(火)※+その他の日の計2日間以上を「テレワーク・デイズ」として実施します。
当社はこのテレワーク・デイ運動に協力し、仮想デスクトップを利用したモバイルワークやサテライトオフィス、在宅勤務などのテレワーク推進に取り組みます。
https://teleworkdays.jp/
テレワークデイ

6分で分かる仮想デスクトップ入門

仮想デスクトップとは?仮想デスクトップの基礎知識を徹底解説! 本ホワイトペーパーでは、仮想デスクトップの概要を解説し、メリットやタイプ、コストなどの基礎知識を理解していただける構成になっています。
仮想デスクトップの役割についてより深く理解する際にぜひご活用ください。

テレワークを実現するソリューション

リモートPCアレイ
リモートPCアレイ(RPA)は、1Uの筐体に20台の物理PCカートリッジを搭載。仮想デスクトップに必要な、CPU、メモリー、ストレージ(SSD)、ネットワークスイッチ、マネジメントソフトウェアをオールインワンにて提供する、ハイパーコンバージド・ソリューションです。

Citrix仮想化ソリューション
Citrix XenDesktop(仮想デスクトップ)、Citrix XenApp(仮想アプリケーション)、NetScaler(外部アクセス、ロードバランス)等を利用し、セキュアで管理性の高い仮想デスクトップ環境を構築します。 また、それらの製品をクラウド化し、月額で利用できるサービス「Citrix Cloud」も提供開始されています。

VMware Horizon
VMware Horizonはユーザー環境のデスクトップを仮想化することによりデバイスの種類場所を問わずに提供する事が可能になります。
vSphere上に仮想デスクトップ環境を構築することによりOS環境を一元するだけでなく、高可用性、負荷分散、セキュリティ向上など様々なメリットを提供します。

Resalio Lynx
USBシンクライアント「Resalio Lynx」は、「秘匿領域」を持ったUSBデバイスを使用。他のUSBメモリ型シンクライアント製品と比較して、高いセキュリティ性を実現しています。

Resalio DaaS
10-50ユーザー規模向け、月額2,980円からですぐに利用可能な仮想デスクトップサービスです。
オールSSDで、企業利用を考慮したシステム設計となっています。

製品に関するお問合わせはこちら


製品&ソリューション